Chatwork

予防接種予約システムのワクチンProをはじめ、電子カルテの部品のホームページ

施設側のBOTで使うChatworkは作成済みとします。(new VacProの Claris Connect参照)

Chatworkで連絡をするため接種者にまずは無料でのチャットワークに加入してもらいます。2つの方法を紹介します。この作業はスタッフが必ず必要な作業となります。1つ目はは接種者のメルアドをあらかじめ知っている場合です。2つ目はメールアドレスを知らない場合です。

  1. メールで招待する
  2. Google Formで患者情報を送ってもらう

 

<メールで招待する>

Chatworkの招待の+ボタンを押します。

メールアドレスを入力し、招待メールを送ります。

接種者側のメールです。

「無料で登録ボタン」を押してもらいます。下図になりますので新規登録してもらいます。ユーザー名はなるべく分かりやすいように名字とカルテ番号などで分かりやすくしてもらってください。遠隔でビデオや電話をかける時に検索で見つけやすくなります。

登録するとすぐに返事が返ってきます。

スマホではアプリを入れてもらわないと開きませんので、アプリを入れてもらってください。アプリでログインすると以下のようにBOTが動作していれば反応して返事が返ってきています。これで通常に予約可能となっています。

n+カルテ番号を送ってみます。(上記と施設は異なります。)PtテーブルのChatwork_account_idとChatwork_room_idにこのチャットのIDが入ります。もし登録の時点でかるて番号を間違ってしまった場合は、手動でこの2つのIDを消して下さい。

一度確定してしまえば別の接種者が新規で登録しようとすると「あなたのルームIDとカルテ番号が一致しません」と出ます。

 

<Google Form>

Google Formがセット出来ているものとします。接種者にカルテ番号(あるいは施設によっては接種者番号)は教えておいて下さい。QRコードなどでGoogle Formに入ってもらって下さい。下図のようにGoogle Formの1枚目に記載して、デフォルト設定(Google Formに記載)が出来ていれば2枚目の質問票の終わりにある送信ボタンを押します。この際に履歴が必要なことが分かっている人には2枚目の履歴も送ってもらってください。

VacProのPtでカルテ番号を見つけます。お知らせメールアドレスが取れているので1つ目の手順で招待メールを出して下さい。